主にiOSアプリを作っています。

ぱるにゃん

モノ

『きみがぼくを見つけた日』★3

投稿日:

英題は『The Time Traveler's Wife』、ということでタイムトラベルものです。主人公は「いつどこでどの時代にタイムトラベルするかわからずいつ帰ってこれるかもわからない」上に「服など持ち物を一切持っていけない」残念なタイムトラベル能力の持ち主。

タイムトラベル先であった人にバラすし、服とか盗むし、ナンバーズで大金ゲットするし、自分にあったりするし、タイムトラベルものではちょっと珍しい。この作品でタイムパラドックスとかは考えるだけムダっぽい。

未来の自分と会ったという知らない女の子(未来の嫁)が出てきたり、未来から死にそうな自分が飛んできたり、結構カオス。

彼が仕事をしている光景が出てこないんだけどどうしてるんだろう。頻繁に消えてるので仕事できないだろうなぁ。無職だったのかな……。まぁ、お金には困らないわけだけど。

ラストシーンはすごいよかった。主人公が死んで数年経って、成長した娘のところに、娘が生まれたころの主人公がタイムトラベルしてくる。1回しか描かれてはいなかったけど、きっと何年先になっても奥さんと娘は服を用意して、主人公は飛んでくるんだろうなぁ。

いつだったか「奇跡体験!アンビリバボー」か何かで見た、幼くして亡くなった子どもが、両親が寂しがらないようにと家中に何百もの手紙を隠したって話を思い出した。最強にいい話だったよ。『notes left behind』というタイトルで書籍化もしているらしい。

palnyan.com 記事下 336x280

palnyan.com 記事下 336x280

-モノ

Copyright© ぱるにゃん , 2017 AllRights Reserved.